タグ:Film ( 109 ) タグの人気記事

2011年 05月 11日
こわれたTC-1
e0168916_1956162.jpg
最近、とても悲しいことーがありました。
このTC-1、私が持っているカメラの中で
一番大事なカメラなんですけど、
壊れてしまいましたT T

まだテーブルフォトばかり撮っていた一年前、
被写界深度というものを、
わかっているようで全くわかっていなかった私。(←今もデス)
開放にした写真ばかりがとても上手な写真に思えていた一年前。

そんな私にとって、このカメラはすごく難しくて、
なかなか上手く撮れませんでした。

ゆっくりぼちぼち練習しようと、少しずつ撮っていたのに、
やっと撮り終えたフィルムを現像に出すと
全部に光が入ってしまってました。

でもコレは今回ダケかもしれないと、たかだか24枚撮りのフィルムを
昨年の年末から四ヶ月かけて大事に撮っていて、
この前現像に出したらやっぱり光が入ってました。

このカメラ、MINOLTAなので、もう会社そのものがありません。
街のカメラ屋さんに持っていったら、
「修理は無理やねぇ。」と言われました。
ショック。。。

でも、ソニー(ソニーがミノルタを吸収)に出したら
修理してくれるカモしれないということなので、
今度、現像したネガとカメラを一緒に持っていくことになってます。
どうかなおりますように。。。

[PR]

by happymugi | 2011-05-11 21:23 | カメラのこと
2011年 05月 08日
老いてもなお
e0168916_20343774.jpg

高知県に咲く樹齢約500年の桜。
つぼみがひょうたんの形に似ているコトから、
いつの日か、
皆から「ひょうたん桜」と呼ばれるようになりました。

ここは、今まで何度か訪れているのですが、
写真を撮るようになってからは今回初めて訪れました。

この日は、前日が歓迎会で行けるかあやぶまれたのだけど、
昨年からずっと 絶対にみたい! 撮りたい!
という気持ちがあったので、この日しかなかったので、
睡眠時間3時間とちょっとハードでしたが行ってきました。
こういう事ができること自体、本当にありがたい事なのですよね。。

到着した時はまだ日が差しておらず、
30分ほどしてからようやく日が差しはじめました。

まだまだ寒かったので、
手にはカイロを入れた手袋をしてました。
冷え性は完全防備です。

これはひょうたん桜の裏側?から撮ったものです。
この表側にはアマチュアカメラマン達がずらっと並んで撮ってます。
ココはとても有名なところなので
全国からカメラマン達がやってくるのです。

あぁ、やっぱり500年も生きてきた桜は、迫力が違います。
何か精が宿っているいう感じです。

意気込んでカメラを構えたところで、所詮、カメラを始めて間もない私。
全く撮らせてもらえませんでした。


本当はもう一本、立派な枝があったそうですが、
台風か何かで折れてしまったと。
樹木医さんの手によって、ちゃんと手当てがしてあり、
右の枝もしっかり支えられて
こうやって老いてもなお生き続けているわけです。


More
[PR]

by happymugi | 2011-05-08 21:45 | さくら
2011年 05月 05日
こいのぼり~
e0168916_21213393.jpg

風薫る五月に鯉のオぼオり~♪♪ 

この日ばかりは、コイがびゅーんと飛んでいきそうな強風に

ありがとうでした。




[PR]

by happymugi | 2011-05-05 21:03 | きせつもの
2011年 05月 02日
さくらの木の下で
e0168916_21164555.jpg

昨日から黄砂はすごいなぁとは思ってましたケド、
今日の黄砂は更にハンパなくすごかったです。

この一ヶ月、ただでさえ鼻炎が酷くって、「へっくしょんっ!!」を連発している私なのに、
今日なんて見晴らしのいい職場の窓から外を眺めていると、
霞まくった目の前の景色に、よけい目も鼻もシパシパモゾモゾでした。

あぁそれにしても、もうすっかり5月です。新緑の季節です。緑の濃淡が綺麗です。
それなのに、未だこんなにさくらの写真をアップし続ける私はいかがなものでしょう?
まだあるんですが。。。

さくらを撮りおえてからというもの、すっかり写欲がめばえてこなかった私ですが、
昨日久しぶりに写欲が復活してきて、藤の花を撮りにいきました。

藤棚が本当にすごくって、どうにかその感動を写真に撮りたく、必死で撮っていると
(写真を撮っていると、ほとんど周りが見えてないコトが多いです^^;)
背中からお尻にかけて「ドンっ」と衝撃を受けました。

突然の衝撃によろっと前に一歩押し出されたので、振り返ろうとすると、
犬を連れた女の人が「すいません、すいません」と言いながら
私の背中をパシパシ手ではたいてきたのです。

「へっ??」と思って背中の服をひっぱって見てみると、
前日雨が降ったせいもあり、見事なドロ付きワンコの肉きゅうが「四つ」付いてました。
どうやら、私は、ワンコに背後からハイキックをされた模様です。

ナゼそのワンコは私の背中にハイキックをしたかったのだろうか?
「おまえ必死に撮りスギだよ!!」っていう地元ワンコの洗礼ハイキックだったのでしょうか??
いずれにせよ、肉きゅうは消えることなく、その後も肉きゅうの刻印をつけたまま
2時間ほどウロウロしてました。

またその時の藤棚の写真は、ちゃんと撮れていたら後日アップします^^

コメントを完全に閉じて、もう一年が経ってしまいました。
時々開けてみようかなと思う時もあったんですけど、
コレだけ開けてないとなんとなくびびっちゃったりして。。
今日は久しぶりにコメントを開けてみようと思います。よかったら遊びにきてくださいませ。






[PR]

by happymugi | 2011-05-02 22:33 | さくら
2011年 05月 01日
てくてくてく
e0168916_056471.jpg

今夜は言葉がさっぱり浮かんできません。
すでに10分経過中。。。

・・・・・・。

とりあえず、マッコリとやらを飲んでみたい。

に しときマス。

[PR]

by happymugi | 2011-05-01 02:13 | さくら
2011年 04月 28日
サクラと合唱
e0168916_22401682.jpg

今年ほど、こんなに、桜が濃く色づいた年はなかったんじゃないでしょうか。
今年の桜をみていてそう思いました。

この写真を撮った時は、確か16時頃だったんですけど、
私がぼーっと桜を眺めていると、
どこかからか、素敵な合唱が聴こえてきて、
「あぁすごく気持ちいいなぁ、ここの管理者、綺麗な曲を流すなぁ」って思ったら、
なんと、たまたまソコに居合わせた、
地元大学生の(総勢50人程?)サークルの子達の生歌でした。
(どうやらサークルで花見に来た合唱部の学生さん達らしい。)

あまりにも綺麗なハーモニーだったので、
そこら辺にいた花見客が吸い寄せられるように、わさわさーと集まってきて、
ちょっとしたコンサートみたいになってました。
もちろん私もそのヒトリ。

満開の桜をみながら、こんな素敵な歌声を聴けて、
ものすごいサプライズプレゼントをしてもらったような気持ちになり、
生歌っていいなぁ、若いっていいなぁ、そんな気持ちで、
周りの観客みんなが大拍手を送ってました^^
これもまた、二度とない本当にいい花見でした。
          
           













         

[PR]

by happymugi | 2011-04-28 00:14 | さくら
2011年 04月 24日
あいしょう
e0168916_10421357.jpg
何年か前のBS番組で、有名人が海外の山をトレッキングするというものが、
四夜?連続でありました。
結構、私は、そういう自然を対象とするドキュメンタリー的な番組が好きで、
よく好んで観るのですが、
ああいう番組は、ナレーションとか出ている人によって、
番組の良し悪しが随分変わってしまいます。と思うのですが。。

せっかく美しい自然の中にいるのに、
やたらキャピキャピはしゃがれてもちょっとねぇって感じになるし、
うるさくなくても、やたら我がですぎる人も、観ていてイラッときたりするし。。

で、そのトレッキングの番組に角田光代さんが出ていらっしゃってて、
(正確には、その当時の私は、ソノヒトが角田さんであることを知らなかったワケですが)
観ていて、これ、トレッキングじゃないよね・・
というような足もすくむようなかなり険しい岩壁を登ったりするのに、

角田さんはいつもどんなところでも淡々とした様子で変わることなく、
そして、決して口数が多いわけではないのに、
その場その場で言う何気ない言葉一つひとつが、
とても表現力があって胸に響く言葉を言うのです。
(後で有名な作家であることを知る 笑)

観ていて、直感的に「あっ私この人、好き。」と思ったんです。
それ以来、角田さんがたまに出る番組を観たり、
小説を読んだりするようになりました。

昨夜、本屋さんに行くと、たまたま角田さんの新刊「よなかの散歩」
という本が目に入り、さわりだけ読んでみると、
「昭和のオンナの考え」とか「料理とは」とか「何気ない角田さんの視点」が書かれていて、
私と年齢こそは違いますが、えらく共感できる部分が多く、
角田さん独特の言葉のいいまわしがクスッと笑えておもしろかったので、
そのまま即買いしました。

ところで今日の私は何が言いたかったのかというと、
自分でもよくわからなくなってきましたが、
「よなかの散歩」をこれから読むのが楽しみだということと、

我が強く、やたらテンションが高すぎる人としゃべっていると、
自分のペースを乱されて非常に疲れる。。
ということが言いたかったのです。








[PR]

by happymugi | 2011-04-24 10:45 | さくら
2011年 04月 19日
もゆる
e0168916_21231989.jpg

今年も、どうしてもここから桜をみておきたかったんです。

昨年みつけた私のトクトウセキ。

近くでみる桜もいいけれど、少し離れた所から「眺める」桜はもっと最高です。



[PR]

by happymugi | 2011-04-19 21:36 | さくら
2011年 04月 17日
スケッチと斜め45度
e0168916_215499.jpg

リュックを足元にポンッと置いてスケッチを始めた少女。

その向こうには、携帯で桜を撮る、かれこれ斜め45度のオトナ達。

何となく、このギャップがおもしろかったのデス。












[PR]

by happymugi | 2011-04-17 21:33 | さくら
2011年 04月 14日
朝の公園にて
e0168916_216242.jpg

朝、たまたま通りがかった公園に、満開の桜が目に飛び込んでくる。

朝陽の中の桜があまりにも綺麗だったので、

そのまま引き寄せられるように中に入ってみると、

散った花びらを清掃している係りの方の姿。

何でもない朝の光景には、とても素敵な瞬間があるのだと、改めて実感した朝でした。







[PR]

by happymugi | 2011-04-14 21:33 | さくら