2012年 11月 26日
いとおしい子Ⅱ
e0168916_2073788.jpg

この時のいとおしい子が、ちょっと前、お兄ちゃんになりました。

お兄ちゃんのボクもめちゃめちゃ可愛いけど

この世に生まれて間もない赤ちゃんは、もっともっと可愛くて、

もう明日には帰ってしまうからと、

私はこの日も彼女の実家に押し掛けて行き、パパラッチと化したのでした。


+


「部屋も散らかっとるし、史上最強に汚い私を写真に撮って大丈夫?ブログ炎上せん?」

と冗談まじりに心配していたけど、全然汚くないし、可愛いです。

そして本当にいいお母さんでした。


+


お母さんが赤ちゃんのおむつ交換をしている姿って

本当にあったかい光景だなぁっと思って、写欲モリモリで撮っていたら、

違う所でテレビを観ていたお兄ちゃんがスタスタっとやって来て

私の顔をちらっと見ながら通り抜け

ママの体にぴとっと背中をくっつけて座りました。



私が、「☆☆君、ちょっとこっちに来てごらん。」っと、何度か悪魔の囁きをしてみたけど

ママのそばから絶対動こうとしなかったお兄ちゃん。

「そっかぁそやね、赤ちゃんとママだけは良くないね。。」と、ハタと気づかされ、

小さなお兄ちゃんが感じたその気持ちがとてもいじらしく感じ、

「ごめん、あたしが悪かった!」と反省。

そして可愛いお兄ちゃんの顔にバッチリピントを合わせて

めっちゃいい家族の日常写真を激写した私なのでした。(←自分でいうなよっ 笑)
[PR]

# by happymugi | 2012-11-26 20:25 | たいせつ・きもち
2012年 11月 23日
お母さんと動物園♪
e0168916_9262592.jpg

この日はとても天気がいい一日で、


動物園内はあったかファミリー&ラブラブカップル達で大賑わいでした。


私はこれから動物激写するぞ~でルンルン♪


写真の女の子はこれから動物みるぞ~でルンルン♪


目的は違うけど、お楽しみ動物園へGO。
[PR]

# by happymugi | 2012-11-23 09:43 | ひと・すなっぷ
2012年 11月 21日
お茶をどうぞ
e0168916_2019313.jpg


「あったかいお茶、いれてあげるね。」

そう言って、台所からお盆にのせて運んできてくれた、いつものお洒落な作家ものの器ふたつと、

今回初めてお目にかかる急須。

「その急須、可愛いね。」

「これ、おじいちゃんちにあった急須なんよ。」

「レトロで可愛い。あるようでなかなかないよね、そんな急須。」

注ぎ口からお茶が垂れないようにつけてあるゴムとか、

奇抜な色ではない赤色の花の絵とか

お茶をいれてくれている彼女の手とか

なんか、言葉ではうまく言えないけど、いい瞬間でした。
[PR]

# by happymugi | 2012-11-21 20:36 | たいせつ・きもち
2012年 11月 19日
ことばのお勉強
e0168916_19571975.jpg

「よんで?これ・・・・ママ・・これよんで?」

沢山言葉をしゃべられるようになったぼくがママに読んでもらっているのは

「 ことば 」の本。

丁度、ママが指さしているトコは。。。今じっくり目をこらしてみると。。

「 わずか 」っていう言葉の意味のところかな?

どうもこのページは、「 わ 」から始まる言葉のトコみたいです。

この写真では見え辛いですけど、この本のイラストがめちゃ癒し系でかわいいんですよ。


+

ついこの前まで実家に帰省していた、折り紙あじさいの時の彼女。

私から見ると、こんな日常風景がたまらなく輝いて見えて

終始、パパラッチのように色んな写真をとりまくっていました。

この写真をブログにのせてもいい?っと聞くと、

「 こんな生活溢れる私の写真でかまんのかな(いいのかな) ^^; 」と。

いやいや、私にとっては何よりも大満足な一枚なのです。
[PR]

# by happymugi | 2012-11-19 20:24 | たいせつ・きもち
2012年 11月 18日
日曜日の風景
e0168916_1057222.jpg

[PR]

# by happymugi | 2012-11-18 10:58 | ひと・すなっぷ
2012年 11月 12日
のどかな秋の風景
e0168916_208775.jpg

e0168916_2081492.jpg
e0168916_2084943.jpg

[PR]

# by happymugi | 2012-11-12 20:21 | おはな
2012年 11月 11日
こっちを向いてごらん
e0168916_20383927.jpg

いやよいやよとあっちを向いたまま お顔を見せてくれないコスモスさん。

あたしがかわいく撮ってあげるから、ちょっぴりこっちを向いてごらん

ねぇコスモスさん。

秋風とともにこんにちは。



+


こんばんは。

なんだかまた久しぶりの更新になってしまいましたが、全く元気に過ごしております~。

最近変わったことと言えば

いつも肩スレスレか、肩よりは長めだった私のヘアースタイルが。。

今回はちょっと短くしてみようと、

自分の中でキャリーパミュパミュのような感じに仕上げてもらうつもりだったのに

どこでどう美容師さんとお互いのイメージが食い違ったのか、

出来上がってみると、

松島菜々子のような( ← 例にあげる人は、常にかわいい人を言いたい )ショートボブになってました。

思ってもないビフォー・アフターに、

本人、目がびよよーんとなった10月の出来事でした。

これを期に、暫くショートボブを満喫しようと思ってますが、

まぁ朝の爆発した髪のすごいこと=3

ただでさえ時間ないのに、毎朝大変です^^;
[PR]

# by happymugi | 2012-11-11 21:10 | おはな
2012年 10月 08日
この街の饅頭屋さん
e0168916_021838.jpg

このお店、昔からある私の大好きな饅頭(まんとう)屋さん。

少し前までは、ここの饅頭だけに興味があって、それを買うだけで満足していた私なのに

人を撮る事に興味を持ち始めてからというもの

どうもこのお店の庶民的な光景と、働く人を写真に撮りたいと思うようになり

お店のそばを通る度、行く度に、なんかそわそわしてました。

いつもの私だったら、ちょっと勇気を出して、

「撮らしてください。」ってお願いするところなんですけど。。

なにしろこのお店、私の住む街のメインストリートアーケード内にあって(←ココ重要!)

しかも、横断歩道とカフェのちょうど真ん前にあるため、

撮る時に色んな人に見られて、とにかく恥ずかしいっ! (自意識過剰なもんで 笑)

でも、恥ずかしいんだけど撮りたくて、撮りたいんだけど恥ずかしくて、

なんかそのいきいき戻りな感じが余計むずむずしちゃって、

やっと8月のおわりに撮ることができました。

私、梅雨の終わりからお盆までずーっと写真を撮っていなかったので

多分、写真撮りたい病が恥ずかしさを上回ったんですね~。

特になんてことない写真だけど、撮りたいものに挑戦できた後は、

やっぱり妙な達成感と爽快感で凄くいい気分でした。






















e0168916_0213719.jpg

この饅頭の生地は、創業者が空襲があった時も

ずっと大事に守りつづけてきた酵母の生地を使用しているので、

食べた時に、砂糖の甘味とはまた違う、酵母ならでは旨みと甘味があり、

それに加えて酵母パンのような独特なむっちり食感もあるので

それらがリピーターにはたまらない旨さなのです。

台湾の方にも、こういう時間をかけて作る酵母の饅頭(まんとう)ってありますよね。




e0168916_0223862.jpg
e0168916_0231072.jpg

この白いのが一番人気で金時豆が入っている「うずら豆」です。

いつもはもっと金時豆が入ってるのに、こーゆー時に限って豆が少ないっ=3

そのままで食べるのも美味しいけど、これをトースターで軽く焼き色をつけて食べると

これがまた美味しいんだな~。
[PR]

# by happymugi | 2012-10-08 00:47 | ひと・すなっぷ
2012年 09月 27日
スイカを食べた夏
e0168916_23192277.jpg

「じいちゃん、看護師さんに家帰って何食べた?って聞かれても

スイカ食べたって言ったらいかんよ。」

「おぉわかっとるぞ。」

「スイカ食べたって言ったら怒られるけんね。桃食べたって言うんよ。」

「言わんぞ。わしはなんも言わんぞ。」

そう言って、今年のお盆にはおじいちゃんがずっと食べたかったスイカを

食べさせてあげました。


+


私のおじいちゃんは、若くしておばあちゃんを亡くしてから

ずっと一人で畑仕事を頑張ってきた偉いおじいちゃんです。

毎年、色んな作物を作ってきましたが、中でもスイカと里芋作りの名人だったのです。

里芋は、日本一をとって表彰されたこともあるくらいです。

スイカは、里芋のように賞をもらったことはないけれど

瑞々しくて甘くて、「 美味しいスイカを作るおじいちゃん 」として

市場でもちょっと有名だったようです。


+


そんなおじいちゃんも今年で御年96歳。

今ではすっかり心臓も悪くなり、一日の水分量や食事を制限されています。

去年は、看護師さんから一時帰宅の時に、

「コップ一杯分くらいなら水分摂ってもいいですよ。」

と許可が出て、美味しい白桃を食べさせてあげたんですけど

今年は、ずっとずっと禁じられているスイカを食べさせてあげました。

これは母が決めたおじいちゃんへの想いからです。


何年ぶりかに食べるスイカを目の前に、おじいちゃんは本当に嬉しそうな顔をして

「ありがとう。ありがとう。今日はじいちゃんの命の洗濯じゃ。」

と言って、それはそれは本当に美味しそうに食べました。


+


食べてはいけなものを食べさせるのはいけないことだけど

少々の量ならいいんですよ。

人生食べたいものも食べずして死ぬなんて

これほど心残りなことはありません。

あのおじいちゃんの満たされた顔が見れてすごく嬉しかった!

おじいちゃんも何度も

「今日は命の洗濯じゃぁ」を連発し、「うまかったぁ。うまかったぁ。ありがとう。」

と言ってくれました。


+


家から出る時にもう一度念を押して

「看護師さんに何食べた?って聞かれてもスイカを食べたって言ったらいかんよ。」

というと

「おぉわかっとる。今日はじいちゃんはなぁんも食べとらん。」

と、おじいちゃんの男前な返事が返ってきました。

そういうことで、今年のお盆は、

『 おじいちゃんがスイカを食べた夏 』という素晴らしいお盆でした。

e0168916_23264890.jpg

[PR]

# by happymugi | 2012-09-27 23:28 | たいせつ・きもち
2012年 09月 21日
平和記念公園と広電
e0168916_6594115.jpg
e0168916_70187.jpg
e0168916_702999.jpg
e0168916_731922.jpg
e0168916_754034.jpg
e0168916_71366.jpg

[PR]

# by happymugi | 2012-09-21 06:40 | ひと・すなっぷ