カテゴリ:たいせつ・きもち( 21 )

2011年 11月 30日
とくべつな場所
e0168916_23485923.jpg

京都を訪れると必ず行くところがここ永観堂です。
数年前に、私の母が大病をして、
無事元気になってくれたその年の夏
初めて友達と夏の永観堂を訪れました。

あの時見た、みかえり阿弥陀如来の
少し後ろを振り向いた優しいお姿を見つめていたり、
その「みかえり阿弥陀」と言われている所以や教えなどを知ると
今よりもっと不安でいっぱいだったあの頃の私は
色んな母への想いが込み上げてきて
初めてそういうものを見て涙を流しました。

だから、ここは、自分の中でちょっとした特別な想いがあり、
それ以来、京都に行くと、みかえり阿弥陀如来にお会いしたくて
行くようになりました。

でも、あの時みたみかえり阿弥陀如来は本物ではなく
その代わりに置かれていた、木でできた
70-80cmくらいのみかえり阿弥陀如来でした。

あれから何度か永観堂をおとずれているのに、
未だ一度も、あの時見た
みかえり阿弥陀如来におめにかかることが出来ず。。。
もう一度お会いしたいといく度に思いをはせている私なのです。


写真の中の趣のある硝子戸からは池と紅葉がみえます。
とても雰囲気のある眺めなので、
なんとなくみんなここで暫く立ち止まって、
硝子戸の向こうの景色を眺めたくなるのです。

この日は色づきはじめたもみじがとても綺麗でした。
が! 私が写真にとったのはこの廊下の影なのでした。










e0168916_23491051.jpg













e0168916_23494477.jpg

ここも必ず行くところで、永観堂のすぐ近くにある日の出うどんです。
職場の人の妹さんが京都在住で、ここが美味しいよと教えてもらってから
毎回行って食べてます!
このスパイス加減と出汁がぜつみょーで、今回も大満足でした~。

[PR]

by happymugi | 2011-11-30 00:00 | たいせつ・きもち
2011年 09月 18日
夢かなう
e0168916_80333.jpg

昨日は突然、

わたしがかねてから夢見ていた話が

ころんころんころんっと私のもとへ転がり込んできて

あまりにも突然だったので、

最初はきょとんっとしてしまいましたが、

それから我に返り、嬉しくて、バンザイを2回しました。

いやそんなに大きな夢じゃないんですけどネ、

私にとっては大きな夢なんです。今もすごく嬉しい。

色んなことがあっても、ちゃんと頑張っていれば

必ずいいことがあるんだ、と思った日でした。











[PR]

by happymugi | 2011-09-18 08:17 | たいせつ・きもち
2011年 09月 13日
うしろ姿
e0168916_21122335.jpg

おじいちゃん、
やっぱり自分の家が一番落ち着くんだよね。


今では、とても心臓が悪くなってしまったから、
一日に飲む水分量をほんのわずかしか許されない。
あんなにお茶を飲むのが好きだったのにね。


最初は本当につらかったと思う。


お盆に久々に家に帰る間際、看護師さんから、
「コップ一杯分くらいの水分だったらかまいませんよ。」
と言ってもらい、


久々に帰った家で、
とびきり美味しい白桃を丸々一個食べたんだよね。


おじいちゃん、
「この白桃はうまいのぉ。」って
本当に美味しそうに食べた。


裏庭をお母さんといろんな話しをしながら
眺めていたおじいちゃん。


ふたりのうしろ姿が
とてもおだやかな光景だったから
暫くその姿をうしろから眺め、


なんとなくこの瞬間を撮っておきたいと思い
大切に撮った一枚。









[PR]

by happymugi | 2011-09-13 21:32 | たいせつ・きもち
2011年 02月 02日
まもるということ
e0168916_23274910.jpg

今日、ある所へ行くために、急いで歩いていると、四つ角を挟んだ対面から、
お母さんと、3歳くらいのかわいい娘ちゃんがすぐそこまでこちらへ向かって歩いてきていました。

お母さんはニコニコ笑いながら、左手には娘ちゃんの手をしっかり握り、右手には白杖を握って、
左右に大きく動かしながら歩いていました。

車の通りが少ない道とはいえ、結構通っているし、それに道には何の誘導もありません。
私の勝手ではありますが、大丈夫だろうかと気になって二人を見つめました。

お母さんは、前を向いて、耳で何かが来ていないかを確認しているような感じで、
なんてことなく四つ角を渡りました。
娘ちゃんはどうだろうと とっさに見ると、本当にちょっとコワイくらいの真剣な眼差しで、
自分が進むべき目の前の道を、周りの動きをしっかりとらえて渡っていました。
その姿は、お母さんに連れられているのではなく、一緒に並んで渡っている姿でした。

私、感じたんです。
こんなに小さなあどけないこの子は、お母さんを自分が護ろうとしているんだなって。
お母さんが握っているこの子の手は、同時に、
この子がお母さんの手をしっかり握っているんだなって。

その直後、お母さんとすれ違いましたが、お母さんはニコニコしながら
娘ちゃんのために何か子供向けの歌を歌ってあげていたんですけど、
多分、この道を、ずっとお母さんの歌う歌声と一緒に歩いて来ていたんでしょうけど、
私は、そんな娘ちゃんの姿を目を見ていただけに、
何か猛烈に胸がぎゅっとなってしまいました。

すれ違いざまに私の右耳に残ったお母さんの歌声。
ずっと真剣な眼差しだった娘ちゃん。

熱いものがこみ上げながら、私が振り返ったふたりの後ろ姿は、
しっかり握られたなんとも言えない後ろ姿でした。

『 まもる 』 という姿は、イチバン心にきます。

こんな話は、公のこんな所に書かず、
胸にひっそりしまっておくコトなんでしょうけど、
寒空の下で可愛く咲いていた
この十月桜と一緒に書きたくて書いてしまいました。
ズルイ私です。


e0168916_23282073.jpg

[PR]

by happymugi | 2011-02-02 23:35 | たいせつ・きもち
2010年 10月 12日
いとおしい子
e0168916_19201437.jpg

思えば、私が友達の事をここで伝えるのは、
今回がはじめてです。

写真の中の彼女は、私が深く長く付き合っている友達の中のヒトリ。
でも、友達とか親友とか、それ以上の言葉があるとしたら、
多分それがあてはまる人。
何か身内みたいな感じなんですよね。

お互いがそんな感じでいるためか、雰囲気が似ているためか、
一緒にショッピングに行くとよく店員さんから、
「姉妹ですか?」と聞かれたものです。

じゃぁどっちが‘姉よっ!?’ってコトになるんだけど、
彼女の方が可愛くてちっちゃいから、間違いなく私が姉役なのでしょう(笑)

大人になってからの仲なのに、職場で一緒になってからの仲なのに、
結婚して遠くにいってしまったのに、
そんなの全く関係なく、ずっとこれからも仲良しです。

そんな彼女が帰省している時、
赤ちゃんにおっぱいをあげている姿を写真に撮りました。

子どもを育てるということは、本当に大変な事なんだろうけども、
こういう姿をたまに見る私は、すごく微笑ましく感じ、
あぁお母さんになったんだねぇって思うのです。








[PR]

by happymugi | 2010-10-12 20:59 | たいせつ・きもち
2010年 05月 23日
* * * ( 私信 )
e0168916_9394870.jpg

同じ辛さを味わった者には

その気持ちが手に取るようにわかる。

だから明日は沢山の気持ちをあなたにおくります。
   
麦子




e0168916_9395868.jpg

[PR]

by happymugi | 2010-05-23 10:25 | たいせつ・きもち
2010年 05月 17日
* * * (私信)
e0168916_611437.jpg

今日もやっぱり朝がきたね。
きっと今朝も気持ちを隠して
いつもと変わらない笑顔で家を出たんだろうな・・・。

この薔薇、まだちゃんと咲いていないけど
何か前を向いて咲こうとしている感じがして
今の姿に似ているなと想ってね。

弱さと強さはいつも背中合わせで心の中にあると想うけど
守るんだっていう気持ちをしっかり持って
負けないで闘ってほしい。そう毎日想っているよ。

写真と一緒に伝えたかったからここでかいちゃった。
ごめんね。


麦子

[PR]

by happymugi | 2010-05-17 05:57 | たいせつ・きもち
2010年 03月 06日
こころ
e0168916_20554712.jpg

大事にしなければいけないもの

それは相手を想って連絡をくれる友。

そういうのって やっぱり 心にしみるのです。

ありがとう。

[PR]

by happymugi | 2010-03-06 21:13 | たいせつ・きもち
2009年 11月 15日
気持ち
e0168916_828588.jpg

先週のこと。
職場の人の勘違いで、緊急事態が発生し
急遽、大仕事を たったの一日で私がしなければいけないことになった。
もう、こんなん出来るかー!!って感じで
頭から湯気が出るほど必死でやり
それでも間に合わないから家にまで持って帰ってやり 早朝起きてやり。
そして翌日のお昼にどうにか間に合って無事終了。

普通ならブツブツ文句でも言うところですが
その勘違いをした人が 本当に申し訳ないと思ったみたいで
何度も「麦子さんごめん。申し訳ない。」と言いに来たり
珈琲を入れてくれたり・・・そしたら普段やりなれないことをするものだから
コーヒーメーカーのセットがうまくできていなくて
コーヒーが溢れてきたりして・・・。余計大変になり・・みたいな。

まぁ そういう気持ちがこちら側に伝わってくると
どんなに大変でも怒る気持ちもなくなるわけで・・

そういう気持ちが伝わることをしてくれるだけで
こちら側の気持ちの持ち方が随分変わってくる。
そういうのって本当に大切だなって思います。


そしてその日の帰り際、その人が私の所に手提げ袋を持ってきて
「申し訳なかったです。これ、どうぞ。」って焼き菓子をくれました。
わざわざ買っいに行ってくれたんだぁって思うと疲れもふっとび
必死で頑張ったご褒美だなって思って
いちお遠慮しつつもしかと受け取りました。


[PR]

by happymugi | 2009-11-15 08:51 | たいせつ・きもち
2009年 06月 28日
ネクタリン

e0168916_20463926.jpg

[PR]

by happymugi | 2009-06-28 20:50 | たいせつ・きもち