カテゴリ:たいせつ・きもち( 21 )

2013年 02月 21日
切なさ
e0168916_232082.jpg
e0168916_23193089.jpg

今年のこの水仙を撮った日は、とても気持ちのいい日だったけど

本当の私の心の中は、切なさ、悲しさ、悔しさ、むなしさ

そういう気持ちでいっぱいだった。

水仙は、少し切なさを感じる花だから、

そういうところも好きな理由のひとつかもしれない。 
[PR]

by happymugi | 2013-02-21 23:40 | たいせつ・きもち
2013年 02月 07日
風を感じた日
e0168916_20555823.jpg

写真を撮ろうと思ってでかけたのは 本当に久しぶりでした。

気持ちの沈むことがあったり、仕事も毎日すごく忙しかったりして、

全然写真なんて撮りにいこうと思わなかったけど

大好きな水仙がそろそろ見頃になってきた、という情報が入ってくると

じゃぁカメラ持って出かけてみようかなぁって なんとなくそんな気分にもなってきて

それに、撮りたいって思った時に写真を撮ると、いい写真も撮れるかもしれないなぁなんて思ったりもして

朝から支度をして水仙を撮りに行ってきました。

+

前日は、雨風ともに強く、とてもこんな晴天になるなんて想像もできなかったけど

汗をにじませ登ったこの山頂からの光景を、

水仙の甘い香りを胸いっぱい深呼吸しながら一望していると、

あぁ今日は本当に来てよかったって心から思えました。

そして、この日は風ひとつない日だったのに、

海からの清々しい風が私の身体中を吹き抜けていくような、

そんな風を感じる一日でした。


e0168916_2185951.jpg



e0168916_219374.jpg
水仙の写真、これからまたぼちぼち載せていくので、よかったら見てください^^
[PR]

by happymugi | 2013-02-07 21:12 | たいせつ・きもち
2013年 01月 14日
知らなかったこと
e0168916_1103127.jpg

母の好きなヤマザキのビッグアップルハーフ。

このパンを好きだということは、つい一年前まで全然知らなかった。

このパンには、昔住んでいた広島時代の想い出が沢山詰まっているのだと

母は私に話してくれた。

普段は、バターたっぷり系のパンや、砂糖たっぷり系のパンを苦手とする母が

なぜこのパンを好きなのか、理由を聞いてちょっと嬉しくなった。

それに、私にもまだ、母の好きな物リストで知らない物があったんだな~と

それもまた少し嬉しかった。

私もちょっともらってもいい?と食べてみると

あら意外!!

クラムは全然バターたっぷりじゃなく、柔らかくもっちりで、シナモンの香りもして

凄く素朴なお味で美味しい。

よく見ると、袋にはリンゴの絵が大小とかいてあって、なんかそれも昔ちっくでかわいいじゃぁないか。





e0168916_1101655.jpg
あれからスーパーでこのパンを見かけると、母の少し緩む顔を見たいがために

必ずこのパンを買うようになった。

そういう、ちょっとした母の喜ぶ顔を見られることが

私にはすごく嬉しいのだ。

どうか、いつまでも私にその笑顔を見させてください。
[PR]

by happymugi | 2013-01-14 01:21 | たいせつ・きもち
2012年 11月 26日
いとおしい子Ⅱ
e0168916_2073788.jpg

この時のいとおしい子が、ちょっと前、お兄ちゃんになりました。

お兄ちゃんのボクもめちゃめちゃ可愛いけど

この世に生まれて間もない赤ちゃんは、もっともっと可愛くて、

もう明日には帰ってしまうからと、

私はこの日も彼女の実家に押し掛けて行き、パパラッチと化したのでした。


+


「部屋も散らかっとるし、史上最強に汚い私を写真に撮って大丈夫?ブログ炎上せん?」

と冗談まじりに心配していたけど、全然汚くないし、可愛いです。

そして本当にいいお母さんでした。


+


お母さんが赤ちゃんのおむつ交換をしている姿って

本当にあったかい光景だなぁっと思って、写欲モリモリで撮っていたら、

違う所でテレビを観ていたお兄ちゃんがスタスタっとやって来て

私の顔をちらっと見ながら通り抜け

ママの体にぴとっと背中をくっつけて座りました。



私が、「☆☆君、ちょっとこっちに来てごらん。」っと、何度か悪魔の囁きをしてみたけど

ママのそばから絶対動こうとしなかったお兄ちゃん。

「そっかぁそやね、赤ちゃんとママだけは良くないね。。」と、ハタと気づかされ、

小さなお兄ちゃんが感じたその気持ちがとてもいじらしく感じ、

「ごめん、あたしが悪かった!」と反省。

そして可愛いお兄ちゃんの顔にバッチリピントを合わせて

めっちゃいい家族の日常写真を激写した私なのでした。(←自分でいうなよっ 笑)
[PR]

by happymugi | 2012-11-26 20:25 | たいせつ・きもち
2012年 11月 21日
お茶をどうぞ
e0168916_2019313.jpg


「あったかいお茶、いれてあげるね。」

そう言って、台所からお盆にのせて運んできてくれた、いつものお洒落な作家ものの器ふたつと、

今回初めてお目にかかる急須。

「その急須、可愛いね。」

「これ、おじいちゃんちにあった急須なんよ。」

「レトロで可愛い。あるようでなかなかないよね、そんな急須。」

注ぎ口からお茶が垂れないようにつけてあるゴムとか、

奇抜な色ではない赤色の花の絵とか

お茶をいれてくれている彼女の手とか

なんか、言葉ではうまく言えないけど、いい瞬間でした。
[PR]

by happymugi | 2012-11-21 20:36 | たいせつ・きもち
2012年 11月 19日
ことばのお勉強
e0168916_19571975.jpg

「よんで?これ・・・・ママ・・これよんで?」

沢山言葉をしゃべられるようになったぼくがママに読んでもらっているのは

「 ことば 」の本。

丁度、ママが指さしているトコは。。。今じっくり目をこらしてみると。。

「 わずか 」っていう言葉の意味のところかな?

どうもこのページは、「 わ 」から始まる言葉のトコみたいです。

この写真では見え辛いですけど、この本のイラストがめちゃ癒し系でかわいいんですよ。


+

ついこの前まで実家に帰省していた、折り紙あじさいの時の彼女。

私から見ると、こんな日常風景がたまらなく輝いて見えて

終始、パパラッチのように色んな写真をとりまくっていました。

この写真をブログにのせてもいい?っと聞くと、

「 こんな生活溢れる私の写真でかまんのかな(いいのかな) ^^; 」と。

いやいや、私にとっては何よりも大満足な一枚なのです。
[PR]

by happymugi | 2012-11-19 20:24 | たいせつ・きもち
2012年 09月 27日
スイカを食べた夏
e0168916_23192277.jpg

「じいちゃん、看護師さんに家帰って何食べた?って聞かれても

スイカ食べたって言ったらいかんよ。」

「おぉわかっとるぞ。」

「スイカ食べたって言ったら怒られるけんね。桃食べたって言うんよ。」

「言わんぞ。わしはなんも言わんぞ。」

そう言って、今年のお盆にはおじいちゃんがずっと食べたかったスイカを

食べさせてあげました。


+


私のおじいちゃんは、若くしておばあちゃんを亡くしてから

ずっと一人で畑仕事を頑張ってきた偉いおじいちゃんです。

毎年、色んな作物を作ってきましたが、中でもスイカと里芋作りの名人だったのです。

里芋は、日本一をとって表彰されたこともあるくらいです。

スイカは、里芋のように賞をもらったことはないけれど

瑞々しくて甘くて、「 美味しいスイカを作るおじいちゃん 」として

市場でもちょっと有名だったようです。


+


そんなおじいちゃんも今年で御年96歳。

今ではすっかり心臓も悪くなり、一日の水分量や食事を制限されています。

去年は、看護師さんから一時帰宅の時に、

「コップ一杯分くらいなら水分摂ってもいいですよ。」

と許可が出て、美味しい白桃を食べさせてあげたんですけど

今年は、ずっとずっと禁じられているスイカを食べさせてあげました。

これは母が決めたおじいちゃんへの想いからです。


何年ぶりかに食べるスイカを目の前に、おじいちゃんは本当に嬉しそうな顔をして

「ありがとう。ありがとう。今日はじいちゃんの命の洗濯じゃ。」

と言って、それはそれは本当に美味しそうに食べました。


+


食べてはいけなものを食べさせるのはいけないことだけど

少々の量ならいいんですよ。

人生食べたいものも食べずして死ぬなんて

これほど心残りなことはありません。

あのおじいちゃんの満たされた顔が見れてすごく嬉しかった!

おじいちゃんも何度も

「今日は命の洗濯じゃぁ」を連発し、「うまかったぁ。うまかったぁ。ありがとう。」

と言ってくれました。


+


家から出る時にもう一度念を押して

「看護師さんに何食べた?って聞かれてもスイカを食べたって言ったらいかんよ。」

というと

「おぉわかっとる。今日はじいちゃんはなぁんも食べとらん。」

と、おじいちゃんの男前な返事が返ってきました。

そういうことで、今年のお盆は、

『 おじいちゃんがスイカを食べた夏 』という素晴らしいお盆でした。

e0168916_23264890.jpg

[PR]

by happymugi | 2012-09-27 23:28 | たいせつ・きもち
2012年 07月 11日
折り紙あじさい
e0168916_237371.jpg

「あのアジサイで麦子にそんなに喜んでもらえるとは。。」

と、可愛いアジサイの贈り主の彼女。

どうやら最近、ぼくが折り紙に夢中ならしく、

「 折り紙おろうや! 」 とか 「 ちゅぎこれ折って!」と、

事あるごとに折り紙遊びの催促をされるのだそうです(笑)

そしていつの間にか、

ぼくよりもパパとママが折り紙の達人になっているという。。。^^;


+


私に気を遣わせない程度のちょっとしたお菓子とお守りと

さささっと書いてくれた手紙と可愛い折り紙のアジサイ。

凹んでいた私の気持ちがポッとあったかくなった、

6月のある日の季節便でした。



ありがとう^^
[PR]

by happymugi | 2012-07-11 23:13 | たいせつ・きもち
2012年 06月 07日
おちつく明かりの色
e0168916_22403155.jpg

人生悪いことばかりそう続かないさ  と自分を励ましてみるが

いやいやなかなかこれが結構な試練だからね と嘆いてみたり

あー胃酸で胃が痛い。

元気のない時は ゆずの歌から元気をもらいましょう。

今日は久々に弱音を吐いてしまった私でした。フー
[PR]

by happymugi | 2012-06-07 23:05 | たいせつ・きもち
2012年 04月 28日
のどかな春
e0168916_020541.jpg

桜の木もそんなにあるわけでもなく、

菜の花もそんなに咲いているわけでもない風景。

でもなぜか、この目の前の景色に

とてものどかな春を感じたのでした。


e0168916_0203581.jpg

見知らぬ方の後ろ姿。

年を重ねていくと、娘は母の後ろ姿にだんだんと似てくるものなのでしょうか。

きっとすごくお互いを大事に想っている親子なんだろうなって思いました。

今日、私の母にとても嬉しい連絡が入りました。

母の喜ぶ姿を見ると自分のことのように嬉しくなります。

いつまでも元気でいてほしい。
[PR]

by happymugi | 2012-04-28 00:32 | たいせつ・きもち