2011年 11月 30日
とくべつな場所
e0168916_23485923.jpg

京都を訪れると必ず行くところがここ永観堂です。
数年前に、私の母が大病をして、
無事元気になってくれたその年の夏
初めて友達と夏の永観堂を訪れました。

あの時見た、みかえり阿弥陀如来の
少し後ろを振り向いた優しいお姿を見つめていたり、
その「みかえり阿弥陀」と言われている所以や教えなどを知ると
今よりもっと不安でいっぱいだったあの頃の私は
色んな母への想いが込み上げてきて
初めてそういうものを見て涙を流しました。

だから、ここは、自分の中でちょっとした特別な想いがあり、
それ以来、京都に行くと、みかえり阿弥陀如来にお会いしたくて
行くようになりました。

でも、あの時みたみかえり阿弥陀如来は本物ではなく
その代わりに置かれていた、木でできた
70-80cmくらいのみかえり阿弥陀如来でした。

あれから何度か永観堂をおとずれているのに、
未だ一度も、あの時見た
みかえり阿弥陀如来におめにかかることが出来ず。。。
もう一度お会いしたいといく度に思いをはせている私なのです。


写真の中の趣のある硝子戸からは池と紅葉がみえます。
とても雰囲気のある眺めなので、
なんとなくみんなここで暫く立ち止まって、
硝子戸の向こうの景色を眺めたくなるのです。

この日は色づきはじめたもみじがとても綺麗でした。
が! 私が写真にとったのはこの廊下の影なのでした。










e0168916_23491051.jpg













e0168916_23494477.jpg

ここも必ず行くところで、永観堂のすぐ近くにある日の出うどんです。
職場の人の妹さんが京都在住で、ここが美味しいよと教えてもらってから
毎回行って食べてます!
このスパイス加減と出汁がぜつみょーで、今回も大満足でした~。

[PR]

by happymugi | 2011-11-30 00:00 | たいせつ・きもち


<< プロは違う      ポートレート >>