2011年 05月 11日
こわれたTC-1
e0168916_1956162.jpg
最近、とても悲しいことーがありました。
このTC-1、私が持っているカメラの中で
一番大事なカメラなんですけど、
壊れてしまいましたT T

まだテーブルフォトばかり撮っていた一年前、
被写界深度というものを、
わかっているようで全くわかっていなかった私。(←今もデス)
開放にした写真ばかりがとても上手な写真に思えていた一年前。

そんな私にとって、このカメラはすごく難しくて、
なかなか上手く撮れませんでした。

ゆっくりぼちぼち練習しようと、少しずつ撮っていたのに、
やっと撮り終えたフィルムを現像に出すと
全部に光が入ってしまってました。

でもコレは今回ダケかもしれないと、たかだか24枚撮りのフィルムを
昨年の年末から四ヶ月かけて大事に撮っていて、
この前現像に出したらやっぱり光が入ってました。

このカメラ、MINOLTAなので、もう会社そのものがありません。
街のカメラ屋さんに持っていったら、
「修理は無理やねぇ。」と言われました。
ショック。。。

でも、ソニー(ソニーがミノルタを吸収)に出したら
修理してくれるカモしれないということなので、
今度、現像したネガとカメラを一緒に持っていくことになってます。
どうかなおりますように。。。

[PR]

by happymugi | 2011-05-11 21:23 | カメラのこと


<< チンチン電車で昭和な感じ?      ベーグルとココアスコーン >>