2011年 03月 28日
幸せとは
e0168916_217222.jpg

今年の冬は、寒すぎたり雪が降ったりと、
梅の開花も水仙同様に随分とずれこみました。

毎年恒例のココの餅まきも、
本来なら、もうとっくにすんでいるハズなのに、
悪天候で行事延期があったりして、
なんとも運よく私のおでかけとかさなってくれました。


袋に入った紅白のお餅を、右に左にと投げてもらう。
皆が縁起物のお餅を手にしようと、
「こっちに投げてー。」「わー。きゃー。」などと言いながら、
春の訪れの行事を楽しむのです。
とても幸せな光景です。

こんな日はいつ訪れるのでしょうか。

被災地の明日の最低気温を見ると、
意地悪なほどに明日も厳しい寒さです。
寒いと色んな気持ちがぎゅっとなってしまう。
一日でも、少しでも早く、暖かい日がおとずれますように。











[PR]

by happymugi | 2011-03-28 21:37 | ひと・すなっぷ


<< 愛らしく      春をとどけたくて >>