2010年 04月 05日
のどかな一日
e0168916_20451291.jpg

昨年はゆっくり母と桜を見に行くということができなかったし、
一緒にでかけるということもほとんどできないので
今年は絶対一緒に桜を見たい!と、仕事を休んで誘って行ってきました。

まぁ色々あって、私の中で、桜は「イコール 母」みたいな想いがあるんですよね。

と言っても、まだ桜の咲く頃より少し前だったので
どこで桜が咲いているかなぁって、あまり期待はできなかったのですが。

そしたら、ここの桜が満開に咲いていたんです。
他の桜はほとんど三分咲き程度だったのに、神様からのプレゼント
みたいな感じですごく嬉しかったです。

気温もぽかぽか日和で風もそよそよ吹く程度の最高のお花見。

そしてもうひとつ嬉しかったこと、それはこの桜の木の下でお弁当を食べていた老夫婦の姿。
目に入った瞬間に、お二人の何とも言えない空気みたいな雰囲気がとても素敵でしてね。

別に何を喋っている風でもなく、ただ桜を眺めながらお弁当を食べ
時々、おばあちゃんがおじいちゃんにおかずをよそってあげたりしている
そのなんでもない日常の延長みたいな光景が
本当に素敵だなぁ、歳をとってもこうやってお花見に来るって素敵な事だなぁとも想い
暫くみとれて横からそっと眺めさせてもらいました。

あまりにも私の心に響くものがあったので
おじいちゃんおばあちゃんごめんねって心で言いながら、
後ろに回って写真を撮らせて(どうかブレてませんようにと念を込めて)もらいました。

そして私達親子の左隣には、別のおじいちゃんとその息子さん親子。
「写真を撮ってもらえませんか?」と話かけられたところから
少し会話をかわしたのですが
とてもおじいちゃんの事を大事にしている優しい息子さん(50歳近い方)で
お弁当を私達が食べている間もずーっと、沢山、親子で色んな会話をされていました。
この親子もとても素敵でした。

素敵な老夫婦に、私達親子、そして優しい息子さん親子。
知らない者同士、三者三様ではあるけれど、
この一本の桜の木の下で、とてものどかな時間が流れたお花見でした。








e0168916_20454627.jpg

[PR]

by happymugi | 2010-04-05 20:52 | さくら


<< サクラ色      さくら >>